権利収入を得るためのマルチ成功法4つの条件とは

権利収入を得るためのマルチ成功法4つの条件とは

権利収入を得る事が出来る特に優秀なビジネスモデルとしては、「フランチャイズ」と「マルチレベルマーケティング(MLM)」の2つが挙げられます。

MLMは、ネットワークビジネスと呼ばれることもあります。

どちらのビジネスモデルも、親会社側の立場で考えられたものですので、本来は親会社側の立ち位置で権利収入を得るのが最も理にかなったやり方なのですが、MLMだけは、親会社にだけではなく権利収入が得られる可能性があります。

つまり、販売者としてMLMの企業に代理店登録をし、販売活動により成果を上げることで、権利収入を得ることが理論上可能なのです。

ただし、ここで「理論上」と書いたことには意味があります。

代理店登録をして活動をすれば、誰でも権利収入が得られるという軽い気持ちで登録をし、結局継続することができずに活動をやめてしまう人が非常に沢山いますので、あえて理論上と表現させて頂きました。

逆にいえば、理論通りにいえば継続すれば権利収入が得られるわけですから、その理論を解明していけばいいわけです。

実は私も、以前MLMの会社に代理店登録をして活動し、一定の収入を得ています。

そのため、MLM業界における沢山の成功者、そして継続できずに活動をやめた沢山の人たちを見てきました。

その結果、成功するための理論は意外と明確でありシンプルであることがわかりました。

成功するためには、4つの条件があるのです。

それは、会社、商品、グループ、スキルの4つです。

そこで、この4つの条件について、詳しくご紹介していきたいと思います。

マルチ成功法4つの条件

マルチ成功法4つの条件

1.会社

会社とは、どこのMLM会社に代理店登録をするのかということです。

この選択は、次に話す「商品」と密接に関連してきますので、商品に関する部分以外について、ここで説明したいと思います。

商品以外でMLMの会社を選択するポイントは非常にシンプルで、実績があり信頼のある会社であるということです。

この先長期にわたり一緒に仕事をしていく会社になりますので、途中で倒産してしまったり、方針が大きく転換されてしまっては困るのです。

そのため、できたばかりのMLM会社を選んでしまうと、過去の情報が全くありませんので、未来を予測することも極めて難しく、リスクが非常に高くなります。

 

MLM業界は、非常に回転の早い業界で、毎年次々と新会社が誕生しては消えを繰り返しています。

場合によっては、一度倒産しても会社名と商品を変えて、再び誕生してくるという場合も珍しくありません。

一時的な収入を目的にするのではなく、権利収入を得る事を目的にMLM会社に代理店登録するわけですから、生涯にわたって権利収入を得ることができなくては意味がありません。

従って、いかに将来においても安定して事業を継続することができる会社を選択かは極めて大切で、少なくとも過去の長期にわたる実績は大きな判断材料になります。

いつ頃創業したのか、売上や登録者数は安定して成長を続けているか、創業時から会社の基本的な方針は変更していないか、報酬プランの仕組みが途中で大きく変わっていないか、レンタルオフィスではなく自社ビルを保有し地に足つけた経営をしているか、などが重要な着目すべきポイントになります。

これらを満たす会社となると、必然的に王手企業ということになります。

MLM会社は、売上を公表していないケースも多いのですが、ネット上や雑誌などに推定売上金額も含めランキングが掲載されていますので、それらを参考にするとよいでしょう。

年度によっても、サイトによっても、ランキングは多少異なりますが、トップ10に入ってくるような会社は、概ねどのランキングデータを見ても同様の顔ぶれですので、ランキング上位の会社について調査をすれば問題ないかと思います。

最低でもトップ20以内に常に名前が挙がり続けている会社を、検討の対象にするのがおすすめです。

2.商品

どのような商品を選択するかということですが、結局のところ、どんな商品を扱っているMLMの会社を選択するべきかということになります。

それでは、どのような商品がMLMのビジネスを行う上で最適なのでしょうか。

それは、商品がしっかりしているということです。

形だけの作られた商品ではなく、世の中に届けたいという思いから開発された商品であるということであり、普通のメーカーと同様なのです。

MLM会社だからと言って何も特別なことはなく、実際のところ、MLMの会社を作りたくて商品を後付けで開発した会社が沢山あります。

MLMの会社を起業することが目的の大前提となっており、MLMありきで商品を開発していきます。

これでは、普通のメーカーとは商品開発の視点が全く異なってしまいます。

そうではなく、大前提として世の中に良いものを届けたいという思いでオリジナル商品を開発し、その商品をいかに販売するかという手段としてMLMという手法を採用したという順序であるべきであり、そのような会社、そのような商品を選択すべきなのです。

 

これは、会社誕生の経緯、創業者の思いを調査することで、確認することができます。

そもそも、オリジナルの商品を販売するための手段は、大きく分けてたったの2つです。

それは、マスコミと口コミです。

マスメディアを利用して商品を幅広く認知させるマスコミと、人から人へ実体験をもとに商品を伝えていく口コミです。

マスコミの利用は爆発力がありますし、大きく販売を伸ばすことができますが、効果は一過性です。

テレビのCMがその代表例ですが、どのような商品であっても、費用をかけてテレビCMをすれば、間違いなく販売は一時的に伸びるのです。

それに比べると口コミは商品が本当にいいものでなければ売り上げを伸ばすことはできませんが、商品が本当に消費者に喜ばれ支持されれば、少しづつ売り上げは伸びていき、長期にわたり売れ続け、息の長いロングセラー商品となります。

これら2つの販売手段のうち、オリジナルの商品に自信があり、あえて口コミにより息の長いロングセラーの商品を育てたいという思いから、MLMを採用したという会社を選択するべきなのです。

商品を大切にするがゆえに口コミを採用するという思考順序です。

マスコミと口コミの考え方は、マーケティングの基本です。

通常、メーカーはこのような考え方で重要なオリジナル商品の販売戦略を考えます。

MLMという形態は取らないまでも、マスコミは使用せず、口コミで広めていくという戦略は多くあります。

このように、口コミの一つの手段として、口コミをより効率的に利用する仕組みとして、MLMという優れたマーケティング戦略があるのです。

それでは、どのようにして、世の中にオリジナルの商品を届けたいという思いを大前提としてMLMという形態を選択した会社を見分ければいいのでしょうか。

さきほど、会社誕生の経緯、創業者の思いが大切であると説明しましたが、より簡単に見分ける方法があります。

それは、たったひとつのメイン商品があることです。

必ずしもひとつしか商品を取り扱っていないということではなく、他にも沢山の関連商品を取り扱っていて全く問題はないのですが、会社が誕生するに至ったひとつのメインの商品があることが大切です。

また、関連商品も多く取り扱っているケースでも、メインの商品と深い関連性があり、メインの商品を軸とした商品展開であることが大切です。

何でも揃うような総合商社ではないということです。

商社ではなくメーカーですから、必ず原点となる商品がありそこに強みがあり、そこにスキルやノウハウがあるのです。

このように、たったひとつの原点となる商品が何かを特定できることが重要であり、最も簡単に見分ける手段になります。

また、どのようなMLMの会社を選択するべきかという話につながるのですが、いくらオリジナルの商品がこれらの条件を満たす良いものであったとしても、そのメインの商品を自分が好きになれなければ、そのMLM会社を選択するべきではありません。

権利収入を得る事を目的に、ビジネスとして代理店活動を継続していく以上、自分自身も購入し、使い続ける必要がありますので、好きでなければ継続するのは正直困難ですし、ましてや他の人に販売することなどできません。

ビジネスと割り切れば可能であるという意見もありますが、自営業という立ち位置で事業を行うわけですから、好きでないビジネスを継続することには限界がありますので、好きになれないのであれば、初めからそのMLM会社を選択するべきではないと思います。

取り扱っている主力商品が本当にいいもので、自分自身も愛用でき、心から人に勧めることができるのであれば、販売するのも大変ではありませんし、楽しく仕事を継続ることができます。

MLMは決して楽して稼げるビジネスではありませんが、主力商品が何かわからず、商品数ばかりが多い中で代理店業を行う場合と比較すれば、明らかにやるべきことが明確で、活動はしやすいと言えます。

3.グループ(組織)

代理店として活動していく上で、どこのグループに所属するかということです。

MLMのビジネスに携わったことのない人にとっては、なかなか理解が困難かとは思いますが、極めて大切なポイントになりますので、詳しくご紹介したいと思います。

まず、条件に合致したMLM会社を選択したとして、実際に登録をする場合、誰かの下に付く形で代理店登録をするのですが、当然自分が付く人の上には更にアップラインが存在するわけで、樹形図のような形である程度の人数による塊、つまりグループのようなものが存在します。

このグループのことを組織と呼ぶこともありますが、組織を大きくしていくためには、グループ全体として活動を盛り上げていきます。

これは、登録をするまでなかなかわからないことなのですが、組織によって、年齢層、男女比、雰囲気、方針などが驚くほど違います。

やるべき仕事の内容が決められていたり、ノルマがあったり、販売する商品やプランなどを制限しているような組織もあります。

セミナーやミーティングへの参加が必須であったり、アップラインへの定期的な報告が義務付けられていたり、食事会や旅行などのイベントが設定されている組織もあります。

何が正解というわけではありませんが、組織の活動が活発に行われていて、所属しているメンバーが積極的に盛り立てている雰囲気が感じられる組織を選択することが大切です。

つまり、生きた組織ということです。

また、この条件を満たした上で、その組織の特性が自分に合っているかどうかが大切です。

繰り返しますが、組織の活動が活発に行われていて盛り上がっている雰囲気があること、自分に合っていること、この両方を満たす組織でなければいけません。

組織の活動が活発でなければ、必ずと言っていいほど成功できません。

個人活動で成功を収めている人は見たことがありませんし、自分自身のダウンラインを増やしていくわけですから、当然組織としての活動をやらざるしかありません。

そして、自分に合っていない組織であれば、どれだけ成功者の多い組織であっても、自分自身が成功することはできません。

MLMで成功するための4つの条件としてご紹介していますが、その中でも、どこのグループ(組織)に所属するかということは、最も大切と言っても過言ではありません。

MLMの会社の選択も非常に重要ではありますが、どこの組織に所属するかは、更に慎重に検討して欲しいと思います。

この選択が、将来を左右します。

脅すつもりは全くありませんが、それほど重要だということです。

会社の選択が終わったら、組織選びに時間を費やすようにしてください。

説明会に行ったり、その後のお茶会に行ったりすることで、多くの組織のメンバーと知り合う機会も多くなるかと思います。

その際、なるべく多くの異なる組織のメンバーと知り合い、それぞれの組織の活動を実際に体験しに行くのがよいと思います。

実際に体験することで、それぞれの組織のメンバー構成や雰囲気、方針などがわかってきますし、これらを肌感覚として知った上で、慎重に選択するのがよいでしょう。

4.スキル

MLMのビジネスを行う上で必要となるスキルは、8割が教育スキル、2割が営業スキルになります。

成功して権利収入を得るためには、これら両方が必要不可欠です。

これらのスキルを既に持ち合わせているか、またはこれから習得する意欲があるかが必要になりますし、大成功することを考えるのであれば、特に教育スキルは大切です。

営業力で自分自身が商品を販売することができても、これはMLMビジネスですので、自分のダウンラインのメンバーにも商品を販売してもらわなくては、権利収入で報酬を得ることはできません。

つまり、ダウンラインのメンバーも成功できるように、いかに教育できるかというビジネスなのです。

これが、8割が教育スキルと言える根拠なのです。

MLMは教育ビジネスであると断言している人もいますが、この考え方は私は間違っていないと思います。

スキルがなくても誰でもできるという話もよく聞きますが、これが事実であれば、MLMに登録した全員が成功していますし、実際は全く逆で、成功者はごく一握りです。

教育と営業というビジネスに対し、自信も学習意欲も持てないということであれば、MLMというビジネスは適性でないので登録しないという選択をすることも大切です。

たった一度の人生ですから、無駄な時間は費やすべきではありません。

そして、マインド面の話になりますが、本気で取り組む覚悟が必要です。

MLM会社の商品を購入している方は、大きく、愛用者と事業者に分けられます。

愛用者というのは、単純にその商品が好きで購入し継続ているだけで、ビジネスとしては考えていない人のことで、代理店としての活動は一切しません。

さきほど説明したように、本物のいい商品なのであれば、実際のところ愛用者もかなり多くいる一方、事業者というのは、権利収入化を目指して代理店活動を積極的に行う人のことを指します。

ここでは権利収入化を目指すビジネスとしてのご紹介をしていますので、当然、事業者として活動することになりますが、はっきり言って、事業者として活動することは楽ではありません。

非常に厳しい世界です。

権利収入が構築できれば、つまり成功者と言われるレベルに達することができれば、その先は思い描いた理想の働き方、理想の収入形態が得られますが、それまでが本当に大変です。

ですので、本気で取り組む覚悟が必要です。

この意思が弱ければ、絶対に権利収入を築き上げることはできませんので、十分に理解して欲しいと思います。

少し話が脱線しますが、報酬プランについて、どのような報酬プランの会社がいいかという議論がよくでますが、極論を話すと、上記4つの条件を全て満たしているのであれば、どのような報酬プランでも構いません。

当然ですが、報酬対象となるダウンラインの階層が有限であることは大前提です。

「無限連鎖講の防止に関する法律」という法律により、無限に対象となる階層が続いてはいけないという決まりがありますので、これは大前提になりますが、この大前提を満たしていない会社が上記4つの条件を全て満たすはずがありませんので、結局のところ、報酬プランはあまり深く気にする必要はありません。

以上のように、MLMで成功するための4つの条件について解説してきましたが、これら4つの条件を全て満たすことができれば、かなり高い確率で成功できると言えます。

冒頭に書きましたが、MLMは理論上、権利収入化が可能なビジネスです。

しかし、その理論とは、多くの場合報酬プランをもとに語られます。

つまり、机上の空論なので、さきほど説明した通り成功できるかどうかと報酬プランは関係ありません。

そのため、理論通りにはいかないのです。

この理論を成り立たせるためには、これら4つの条件を満たす必要があり、逆にこれら4つのうち1つでも満たしていなければ、高い確率で成功できません。

奥の深いMLMというビジネスモデルですが、成功するためのポイントは極めて簡単であり、権利収入化を目指すことのできるビジネスモデルとしてMLMを選択し、代理店登録を考えるのであれば、必ずこれら4つの条件を十分に検証していただき、是非とも目標を達成して欲しいと思います。

そして、4つ全てを満たすものが存在しなければ、MLMとは縁がなかったと考え、無駄な時間を使うことなく、他の選択肢を検討することも重要です。

権利収入は、お金を増やす手段の中でも、最終的に目指すべき素晴らしい収入の携帯です。

決して楽をして実現できるものではありませんが、是非とも自分に合った手段で、権利収入化を目指して欲しいと願いま得す。

権利収入が得られるマルチ成功のビックチャンス到来!!

ビックチャンス到来!!

は今、100 年に一度とも言われるチャンスが到来!

今これを読んでいるあなたの目の前にあるのです…!!!

携帯電話の代理店権利という夢のような話を、少しご紹介すると、「2020年のオリンピックに向けての電波問題」を解決すべく動き出している国策が関係しています。

今、格安SIMというのを各社が販売しているのはご存知ですか?

docomo、au、Softbankといったいわゆる大手キャリア契約ではなく、MVNOといってこのキャリアの通信網をレンタルして通信をする事業者があり、通称格安SIMの会社が20社ほどあります。

その格安SIM会社の中で

  • 通信速度も速い
  • データ通信量も安い(格安SIMの他社と比較しても安いです)
  • かけ放題もある

それだけではなく、創業代理店権利という夢のような企画についてお伝えできる格安SIM会社あるのです。

お金持ちの人、特別な人でないとダメということではありません。

リスクなく権利収入を得られます!!

格安SIMがどんどん世の中に浸透してきています。

ドコモ・au・ソフトバンクの3代キャリアの毎月の支払いが高すぎる。

皆さん、そう思いませんか?

格安SIMの中でも頭ひとつ抜きに出ているのは、ペンギンモバイルです。

通信容量が多いうえに、価格が安い。

しかも、2年目以降も同じ料金。

他の格安SIM会社は、ほとんど2年目以降、通信容量が下げられ、毎月の支払いが上がる。

これは、意外に知られていない現実です。

なぜなら、小さい字で書かれているんですね。

まあ、それはいいとして、ペンギンモバイルの一番の特徴は、代理店ビジネスができること。

正真正銘の電話会社の代理店ビジネスですよ。

しかも、毎月の支払い金額が、安くなって代理店もできるとしたら、どうでしょうか?

ようするに、こうなります。

毎月の電話料金+代理店費用<キャリアの場合の毎月の支払い(電話料金)

格安SIMで電話料金が下がるので、代理店費用をプラスしても安いのです。

そして、お客様に携帯料金が安くなる提案をして、格安SIM乗り換えて頂くことで権利収入を獲得できるので、お客様も代理店もうれしい、WIN-WINの関係になれる仕組みなのです。

これは素晴らしい仕組みです。

お互いが納得できる仕組みなので、ビジネスも加速するのが想像つきますよね!

ということは、ペンギンモバイルの代理店ビジネスにリスクがあるでしょうか。

私は無いと判断したので、速攻で始めました。

ペンギンモバイルを知れば知るほど、やらない理由が無いことが理解できます。

”総務省”から、”届出媒介受託者番号”が付与

2019年10月からペンギンモバイル代理店には、”総務省”から、”届出媒介受託者番号”が付与されます!

届け出提出後、約一ヶ月程で総務省より、届出媒介受託者番号が送付されてきました。

個人情報は消しておりますが、下記が私の総務省より頂いた届け出番号となります。

届出媒介受託者番号

届出媒介受託者番号

ペンギンモバイルの信頼性が高まり、代理店活動にも有利

ネットワークビジネス(MLM)は、ねずみ講とか怪しいとか思われがちですが、特定商取引法で定められた『連鎖販売取引』にあたり、総務省も認めている合法的な販売手法です。

総務省に届出することで、今後の代理店活動において信頼性が高まり、代理店活動にも有利となります。

今後は、名刺等に届出番号を記載いただくことで、「総務省に届出を提出した販売代理店」のPRにもなります。

ペンギンモバイルの使命

ペンギンモバイルは、既存の通信事業者から高品質で安定したネットワーク(DOCOMO回線)を借り受け、利用者のニーズに適格に応えるサービスを提供を心がげています。

ペンギンモバイルの使命は、ケータイ料金が安くなる事で救われる、本当に困っている方々に、安心と笑顔を届ける事です。

一緒に安心と笑顔を届ける代理店活動いたしませんか?

人に喜ばれる仕事なんてなかなかないですよ。

関連記事

す。

最後に

ペンギンモバイルの格安SIMを利用することで、毎月のスマホ料金がかなり節約できます!

ガラケーからスマホに変わったように、この数年でキャリアのスマホは格安SIMに乗り換える時代になっていくでしょう。

解約金を支払って今すぐ乗り換えても、半年・年単位で考えればお得ですよ。

現在の携帯会社のプランとご自身のスマホのご利用内容を検討し、本当に自分にあった携帯会社を選択しましょう!

ペンギンモバイルをご利用されたい方は当ブログにお問い合わせください。


  また、LINE@に登録して頂けると本物のすごい情報を無料でご提供します。

毎月のスマホ代が1/3になるお話です。

もっというと、無料にも出来てしまいます。

さらにもっというと、権利収入を得ることも可能です。

お金を支払う側から、収入を得る側になれるのです。

しかも、あなたのやることは、誰にでもできる、とても簡単なことです。


  スマホを格安SIMにして、節約もでき、払う側からもらう側になりませんか?

決して怪しい情報ではありません。

総務省から代理店番号を頂ける、まっとうな情報です。

まずはLINE@に登録して説明動画をご覧になってみて下さい!

興味がある方、詳細を聞きたい方などLINE@に

今すぐ登録!!

友だち追加

メールでのお問い合わせはこちら