電気ビジネスご用心! 携帯でのおすすめ権利収入はこれだ!!

電気ビジネスご用心! 携帯おすすめ権利収入はこれだ!!

電気ビジネスに関連した権利収入(マルチ商法)にご用心してください!

かつて日本でも社会問題化した権利収入(マルチ商法)。

近頃でも形を色々変化させ変えて生き残っているようですが、「電気」を商材として扱う業者も現れてきています。こうした「電気」を商材とした権利収入(マルチ商法)への注意点や問題点をまとめます。

電力を題材としたマルチ商法と言われてもピンとこない方もいると思うので、その概要を簡単に説明します。

私自身は、マルチ商法をしっかりと理解していれば、よいビジネスであると賛成的な立場です。

そもそも権利収入(マルチ商法)とは?

そもそも権利収入(マルチ商法)とは?

権利収入(マルチ商法)は「連鎖販売取引」「MLM」「ネットワークビジネス」とも言われる、商品の販売形態の一つです。

権利収入(マルチ商法)の特徴は、新しく「会員」を勧誘することで、その会員を獲得した人に報酬が発生して「儲かる」仕組みにあります。

ただ単に商品を販売するだけでなく、組織の会員を集めて「ピラミッド」を形成していくことで、下の階層に位置する会員が上げた成果をピラミッドの上の階層に位置する人が得る事ができるということを謳っています。

 

自分が獲得した会員(子)が更に新しく会員を獲得(孫)、更にその会員がまた新しく会員(ひ孫)を獲得し、その方たちが成果を上げることで、大きな報酬が得られるとされています。

電気の権利収入(マルチ商法)は何をするの?

商品が「家庭の電力契約」というだけの事で、他のマルチ商法とやることは何ら変わりありません。

まずは電力の契約申込みを獲得する事と、マルチ商法系の新電力の電力契約を獲得することで報酬が得られるとされています。

1件5,000円程度が支払われるようです(アンビットエナジー)

また、マルチ商法系新電力の宣伝を行う「ビジネス会員」を獲得することでも報酬を得るチャンスがあるとされています。

会員を獲得していき、上でも説明した「ピラミッド型」の組織を形成することで、下の階層の会員が上げた成果を手にすることが出来ます。

権利収入(マルチ商法)の何が問題なの?

一般的に権利収入(マルチ商法)の問題点として指摘されている点を紹介します。

ここでしっかり理解して頂きたいのですが、権利収入(マルチ商法)自体が直ちに悪徳商法や法令違反となるわけではありません。

権利収入(マルチ商法)は儲かるとは限らない 損をする可能性も

権利収入(マルチ商法)に参加するには、高額な入会金と月会費を負担する必要なケースが多いです。

入会金はおおむね「数万円程度」、月会費は「数千円程度」のようですが、新規会員の勧誘が思うように獲得できなかったり、獲得した会員が成果を出せなかったりした場合は、損をするケースもあります。

また、電気についてはその心配は少ないようですが、在庫を抱えるような商品を扱うケースなどには仕入れに掛かる費用が発生することもあります。

多額の借金を抱えてしまう方もいるようです。

勧誘実績をあげるため、自分自身で商品購入をして借金を抱えるといったトラブルも起こりやすいようです。

人間関係を壊す恐れがある

近頃はSNSを使った勧誘について国民生活センターなども注意喚起を行っていますが、権利収入(マルチ商法)は友人・知人など自分の周囲にいる人を勧誘することが多いです。

その過程でしつこく勧誘してしまったり、あるいはマルチ商法に理解の無い多くの方にとっては、権利収入(マルチ商法)の勧誘を受けること自体があなたへの不信感へと繋がる恐れがあります。

報酬を得るためには新たな会員を獲得し、販売実績をあげる必要があるため、大げさな商品説明や無理な勧誘活動による友人関係の悪化といったことが生じやすいのです。

権利収入(マルチ商法)系新電力の電気料金などをしっかり調査

権利収入(マルチ商法)で一儲けしようと検討している人がいたら、まずは自分が扱おうとしている商品(今回なら電力)をちゃんとよく調査してみましょう。

私も少し調査してみたのですが、東電とアンビットエナジーを比較してみました。

アンビットエナジーと東電の従量料金Bプラン比較しアンビットエナジーの方が「5%安」になるという結果になりました。

この水準は一人暮らし世帯では競争力がありますが、二人以上の世帯では「どうかな」というレベルでした。

また、一部の企業が導入している「市場価格連動型」の料金プランは、電気の市場価格に連動して料金単価が変更します。

大手の電力会社よりも電気料金が割高になるリスクもある点に注意して下さい。

権利収入(マルチ商法)の会社一覧

一般家庭向けの電気を商品とした権利収入(マルチ商法)を行っている会社を一部ご紹介します。

スタート電気

会社名:アスカクリエイト(東京都渋谷区)

アンビットエナジー

会社名:アンビットエナジージャパン(大阪府大阪市)

ACNジャパン

会社名:ACNジャパン(東京都港区)
「ズームエナジー」の電気を商材として提供

権利収入(マルチ商法)で勧誘をしつこく受けた場合の対処方法

権利収入(マルチ商法)で勧誘をしつこく受けた場合の対処方法

権利収入(マルチ商法)で勧誘をしつこく受けて困っている場合は、消費生活センター(地方公共団体が設置する公的機関)への相談をおすすめします。
「188」に電話すると、お近くのセンターにつながります。

そこでおすすめの国が推奨し、総務省認めている携帯での権利収入(マルチ商法)をご紹介します。

携帯料金を「払わず」「もらっている」人がいるのをご存知ですか?

当たり前ですが、99.9%は払う側です。

もらう側0.1%に、普通の人が入る余地なんてあるはずない…

そんな常識を覆す国策である企画…

あなたも、携帯料金を毎月「もらう」権利、一生涯、むしろ子供の代まで続く権利収入を獲得しませんか?

期間限定、今気づいてしっかりと一歩を踏み出した人だけが得をします。

今現在お金持ちではない方やごく普通の一般の方でも、彼らと同じように携帯代を「払う」のではなく一生涯「もらう」方法をお伝えします。

実は、1000万円の携帯料金を誰もが支払っている

携帯電話の代理店の権利は上記でも述べたように、ひと昔販売した当時は3,000万円。

さらにごく限定された人しか情報は入手できませんでした。

しかし実は、携帯料金を計算してみると…

大手キャリアの携帯電話を使用している人の毎月の携帯料金は平均で1万円/月と言われています。

1万円×12ヶ月=12万円 / 年

家族4人で30年間でかかる携帯料金は12万円×4人×30年=1,440万円

つまり、携帯電話を30年間利用した場合、なんと1,000万円以上を携帯電話会社に支払い続けることになります。

権利収入を得るビックチャンス到来!!

ビックチャンス到来!!

は今、100 年に一度とも言われるチャンスが到来!

今これを読んでいるあなたの目の前にあるのです…!!!

携帯電話の代理店権利という夢のような話を、少しご紹介すると、「2020年のオリンピックに向けての電波問題」を解決すべく動き出している国策が関係しています。

今、格安SIMというのを各社が販売しているのはご存知ですか?

docomo、au、Softbankといったいわゆる大手キャリア契約ではなく、MVNOといってこのキャリアの通信網をレンタルして通信をする事業者があり、通称格安SIMの会社が20社ほどあります。

その格安SIM会社の中で

  • 通信速度も速い
  • データ通信量も安い(格安SIMの他社と比較しても安いです)
  • かけ放題もある

それだけではなく、創業代理店権利という夢のような企画についてお伝えできる格安SIM会社あるのです。

お金持ちの人、特別な人でないとダメということではありません。

リスクなく権利収入を得られます!!

格安SIMがどんどん世の中に浸透してきています。

ドコモ・au・ソフトバンクの3代キャリアの毎月の支払いが高すぎる。

皆さん、そう思いませんか?

格安SIMの中でも頭ひとつ抜きに出ているのは、ペンギンモバイルです。

通信容量が多いうえに、価格が安い。

しかも、2年目以降も同じ料金。

他の格安SIM会社は、ほとんど2年目以降、通信容量が下げられ、毎月の支払いが上がる。

これは、意外に知られていない現実です。

なぜなら、小さい字で書かれているんですね。

まあ、それはいいとして、ペンギンモバイルの一番の特徴は、代理店ビジネスができること。

正真正銘の電話会社の代理店ビジネスですよ。

しかも、毎月の支払い金額が、安くなって代理店もできるとしたら、どうでしょうか?

ようするに、こうなります。

毎月の電話料金+代理店費用<キャリアの場合の毎月の支払い(電話料金)

格安SIMで電話料金が下がるので、代理店費用をプラスしても安いのです。

そして、お客様に携帯料金が安くなる提案をして、格安SIM乗り換えて頂くことで権利収入を獲得できるので、お客様も代理店もうれしい、WIN-WINの関係になれる仕組みなのです。

これは素晴らしい仕組みです。

お互いが納得できる仕組みなので、ビジネスも加速するのが想像つきますよね!

ということは、ペンギンモバイルの代理店ビジネスにリスクがあるでしょうか。

私は無いと判断したので、速攻で始めました。

ペンギンモバイルを知れば知るほど、やらない理由が無いことが理解できます。

”総務省”から、”届出媒介受託者番号”が付与

2019年10月からペンギンモバイル代理店には、”総務省”から、”届出媒介受託者番号”が付与されます!

届け出提出後、約一ヶ月程で総務省より、届出媒介受託者番号が送付されてきました。

個人情報は消しておりますが、下記が私の総務省より頂いた届け出番号となります。

届出媒介受託者番号

届出媒介受託者番号

ペンギンモバイルの信頼性が高まり、代理店活動にも有利

ネットワークビジネス(MLM)は、ねずみ講とか怪しいとか思われがちですが、特定商取引法で定められた『連鎖販売取引』にあたり、総務省も認めている合法的な販売手法です。

総務省に届出することで、今後の代理店活動において信頼性が高まり、代理店活動にも有利となります。

今後は、名刺等に届出番号を記載いただくことで、「総務省に届出を提出した販売代理店」のPRにもなります。

ペンギンモバイルの使命

ペンギンモバイルは、既存の通信事業者から高品質で安定したネットワーク(DOCOMO回線)を借り受け、利用者のニーズに適格に応えるサービスを提供を心がげています。

ペンギンモバイルの使命は、ケータイ料金が安くなる事で救われる、本当に困っている方々に、安心と笑顔を届ける事です。

一緒に安心と笑顔を届ける代理店活動いたしませんか?

人に喜ばれる仕事なんてなかなかないですよ。

関連記事

最後に

ペンギンモバイルの格安SIMを利用することで、毎月のスマホ料金がかなり節約できます!

ガラケーからスマホに変わったように、この数年でキャリアのスマホは格安SIMに乗り換える時代になっていくでしょう。

解約金を支払って今すぐ乗り換えても、半年・年単位で考えればお得ですよ。

現在の携帯会社のプランとご自身のスマホのご利用内容を検討し、本当に自分にあった携帯会社を選択しましょう!

ペンギンモバイルをご利用されたい方は当ブログにお問い合わせください。


  また、LINE@に登録して頂けると本物のすごい情報を無料でご提供します。

毎月のスマホ代が1/3になるお話です。

もっというと、無料にも出来てしまいます。

さらにもっというと、権利収入を得ることも可能です。

お金を支払う側から、収入を得る側になれるのです。

しかも、あなたのやることは、誰にでもできる、とても簡単なことです。


  スマホを格安SIMにして、節約もでき、払う側からもらう側になりませんか?

決して怪しい情報ではありません。

総務省から代理店番号を頂ける、まっとうな情報です。

まずはLINE@に登録して説明動画をご覧になってみて下さい!

興味がある方、詳細を聞きたい方などLINE@に

今すぐ登録!!

友だち追加

メールでのお問い合わせはこちら