ソフトバンク孫氏は全財産を賭けたMLMという権利収入で大成功!!

ソフトバンク孫氏は全財産を賭けたMLMという権利収入で大成功!!

あのソフトバンクもMLMという権利収入で大きくなったのです。

あの孫氏が全財産を賭けた勝負には、MLMという権利収入での勝算!!があったのです。

聞いた話ですが、現に東京代々木にe-life(社名は違うかも)という会社があり、勿論社長は孫氏・・・

初期費用20万円、商品は勿論携帯電話・・・

みなさんもご存知の大物芸能人が誰も先を見通せないときに、ドコモノ携帯電話の代理店権利を手に入れて、大金が入り続けているとゆう噂は有名な話ですね。

先見の目が有ったという事でしょう。

行動に出てチャンスを、確実にに掴んだんですね。

ソフトバンクの孫氏は確たる基礎が出来てからの、犬を使ったCM攻勢で今や、日本一の富豪となったのですから。

携帯電話のネットワークビジネスの権利収入はは合法なのです。

もう一度言いますが、MLMからの権利収入スタートだったのですよ。

ソフトバンクの考え方は?

創立30年を迎えたソフトバンクが、次の30年間何のために事業を行い、どのような世界を実現していくのかについてソフトバンク新30年ビジョン(ソフトバンクHPより)を示しました。

企業の99.98%はこの30年以内になくなると予測されています。

たとえ、勤務先の会社が終身雇用を約束しようが、現実問題として30年後にはほ、多くの企業はこの世界から消えているのです。

衝撃的な内容ですよね。

これからの時代は、終身雇用という概念はなくなるということです。

 

収益源を分散し多角化することで、人生においてのリスクヘッジとすることができます。
*リスクヘッジとは:将来の危険を予測して保険をかけておくこと。

サラリーマンは少額でもいいので、副業を行うことで会社に頼らず稼ぐ訓練をすべきなのです。

副業禁止どころか複業(複数の収入源)が必要な時代がやってくるということです。

今日から週休3日になります!と言われたらどう思いますか?

あなたは、今勤めている企業から「今日から週休3日になります!」と言われたらどう思いますか?

「やったぁ!これで自由な時間ができる!」と喜びますか?

ソフトバンク新30年ビジョンによれば、このように言われる日はそう遠くない未来のことかもしれません。

 

当然、休日が増えれば月収も減ることが予想されます。

「2枚の名刺」いや「3枚の名刺」を持つ人もでてきます。

副業の禁止という考え方はもう古い考え方です。

副業の推進への方向へ流れ始めてる今日、あなたはなにを人生のリスクヘッジとしますか?

2枚目の名刺の肩書きは想像ができますか?

21世紀は別の収入源をもつ時代

21世紀は別の収入源をもつ時代

休みが増えたら、月収が減ります。

夫婦は共稼ぎの時代になり、夫も、妻も副業をもつ時代到来です。

21世紀型成功スタイルは、インターネットを使って在宅でも可能なネットワークビジネスです。

在宅で家族が一緒の空間にいてもできるメリットがあります。

 

2つ以上の仕事をもつことによって、体調をを崩す人もでてくるでしょう。

在宅でできるネットワークビジネスの権利収入だったらテレビや映画を見ながら、育児や介護をしながらビジネスの活動ができます。

月に副業で5万円あったら、10万円あったら、時間的にも、経済的にも、健康的にも余裕がでてきますよね

 

月に30万円、50万円を通過した時点で、それよりも家族との時間を大切にしたい・・・と思ったらセミリタイヤしてもいいのです。

それよりももっと上の100万円を目指したい!と思ったら楽しんで継続したらいいんです。

 

月に30万円の副業ってありますか?

月に50万円もらえる可能性のある副業がありますか?

ネットワークビジネスは権利収入です。

 

まずは、収入の多角化について考えてみましょう。

ずっと不安な生活をすごすより、まずは自分がやれることを、ただひたすら実践していくことが重要です。

そこでお伝えしたいのが、ソフトバンクではありませんが、あのドコモ回線の携帯であの伝説の権利収入が復活しました!!

あなたは、【伝説の権利収入】という伝説の話を知ってますか?

不労収入の中の代表とも言える「権利収入」。

その数は色々ありますが、 その中でも入手できれば勝ち組になれるほどの超爆発的な収益につながる情報のことを「伝説の権利収入」と呼びます。

伝説の権利収入は、半永久的に不労収入が手に入ってきます!

しかも通常の労働では入手できない金額を目指すことができるものです。

ただ、伝説というだけあり、随分過去のものでもう今は入手できない事を意味します。

しかし、2020年東京オリンピックの陰で、一部の業界では「伝説の権利収入(創業者権利)」が出現していることは多くの方が知らない状態です。

その情報を特別にご紹介します。

それは、

今が絶好の参入タイミング!

ドコモ回線の携帯格安SIM権利収入事業

ドコモ回線の携帯格安SIM代理店で得られる権利収入とは

副業でも出来る格安SIM代理店で得られる権利収入とは

かつて携帯電話が流行った時代、携帯電話の創業者代理店として大成功を収めたと噂されている方達がいます。

それが、皆さんもご存知の方も多い芸能人の方々です。

この芸能人の方々は5,000万円や億を超える月収を得ていたようです。

実はその当時、携帯電話の創業者代理店になる為には加盟金として3,000万円、権利金として毎月400万円を納めなければなりませんでした。

現在となっては、携帯電話は爆発的に普及し、持っていない人の方が少ない現状です。

2017年3月の調査で、日本の携帯電話・PHSを合算しての保有率は168.4%。

一人で1台以上携帯電話を持っている人もいるので、断言しては言えませんが、データを見る限り携帯電話を持っていない人の方が明らかに少ないという事が分かります。

ただ、その当時の頃は誰がここまでの爆発的な普及を予測できたでしょうか?

 

ある程度の予想はついたかもしれませんが、これ程までとは想像できなかったと思います。

そんな携帯電話の普及が始まって間もない時期に3,000万円や400万円を投資することなんて、ごく一般の人にはまずできませんよね。

巨額の投資をしなくても権利収入を得られる方法

巨額の投資をしなくても権利収入を得られる方法が今回の格安SIM権利収入事業です。

そんな中、格安SIM権利収入事業は、利益をユーザーと代理店に還元しているので、少額のコストで誰でも事業をはじめることができるのです。

また、通常はユーザーの契約が取れたとしてもノルマがあったり、規定人数以上の契約が取れなければ報酬が生じなかったり、ユーザーを獲得できたとしてもその権利を得られる期間も定められています。

今回の案件はそういった事も一切ありませんし、副業でも出来ますし、無店舗・無在庫・ノルマ無、ネット上だけでの運営でもOK。

当然リアルでもビジネスできます。

携帯料金を「払わず」「もらっている」人がいるのを知ってますか?

当たり前ですが、99.9%は払う側です。

もらう側0.1%に、普通の人が入る余地なんてあるはずない…

そんな常識を覆す国策である企画…

あなたも、携帯料金を毎月「もらう」権利、一生涯、むしろ子供の代まで続く権利収入を獲得しませんか?

期間限定、今気づいてしっかりと一歩を踏み出した人だけが得をします。

今現在お金持ちではない方やごく普通の一般の方でも、彼らと同じように携帯代を「払う」のではなく一生涯「もらう」方法をお伝えします。

実は、1000万円の携帯料金を誰もが支払っている

携帯電話の代理店の権利は上記でも述べたように、ひと昔販売した当時は3,000万円。

さらにごく限定された人しか情報は入手できませんでした。

しかし実は、携帯料金を計算してみると…

大手キャリアの携帯電話を使用している人の毎月の携帯料金は平均で1万円/月と言われています。

1万円×12ヶ月=12万円 / 年

家族4人で30年間でかかる携帯料金は12万円×4人×30年=1,440万円

つまり、携帯電話を30年間利用した場合、なんと1,000万円以上を携帯電話会社に支払い続けることになります。

ビックチャンス到来!!

ビックチャンス到来!!

は今、100 年に一度とも言われるチャンスが到来!

今これを読んでいるあなたの目の前にあるのです…!!!

携帯電話の代理店権利という夢のような話を、少しご紹介すると、「2020年のオリンピックに向けての電波問題」を解決すべく動き出している国策が関係しています。

今、格安SIMというのを各社が販売しているのはご存知ですか?

docomo、au、Softbankといったいわゆる大手キャリア契約ではなく、MVNOといってこのキャリアの通信網をレンタルして通信をする事業者があり、通称格安SIMの会社が20社ほどあります。

その格安SIM会社の中で

  • 通信速度も速い
  • データ通信量も安い(格安SIMの他社と比較しても安いです)
  • かけ放題もある

それだけではなく、創業代理店権利という夢のような企画についてお伝えできる格安SIM会社あるのです。

お金持ちの人、特別な人でないとダメということではありません。

リスクなく権利収入を得られます!!

格安SIMがどんどん世の中に浸透してきています。

ドコモ・au・ソフトバンクの3代キャリアの毎月の支払いが高すぎる。

皆さん、そう思いませんか?

格安SIMの中でも頭ひとつ抜きに出ているのは、ペンギンモバイルです。

通信容量が多いうえに、価格が安い。

しかも、2年目以降も同じ料金。

他の格安SIM会社は、ほとんど2年目以降、通信容量が下げられ、毎月の支払いが上がる。

これは、意外に知られていない現実です。

なぜなら、小さい字で書かれているんですね。

まあ、それはいいとして、ペンギンモバイルの一番の特徴は、代理店ビジネスができること。

正真正銘の電話会社の代理店ビジネスですよ。

しかも、毎月の支払い金額が、安くなって代理店もできるとしたら、どうでしょうか?

ようするに、こうなります。

毎月の電話料金+代理店費用<キャリアの場合の毎月の支払い(電話料金)

格安SIMで電話料金が下がるので、代理店費用をプラスしても安いのです。

そして、お客様に携帯料金が安くなる提案をして、格安SIM乗り換えて頂くことで権利収入を獲得できるので、お客様も代理店もうれしい、WIN-WINの関係になれる仕組みなのです。

これは素晴らしい仕組みです。

お互いが納得できる仕組みなので、ビジネスも加速するのが想像つきますよね!

ということは、ペンギンモバイルの代理店ビジネスにリスクがあるでしょうか。

私は無いと判断したので、速攻で始めました。

ペンギンモバイルを知れば知るほど、やらない理由が無いことが理解できます。

”総務省”から、”届出媒介受託者番号”が付与

2019年10月からペンギンモバイル代理店には、”総務省”から、”届出媒介受託者番号”が付与されます!

届け出提出後、約一ヶ月程で総務省より、届出媒介受託者番号が送付されてきました。

個人情報は消しておりますが、下記が私の総務省より頂いた届け出番号となります。

届出媒介受託者番号

届出媒介受託者番号

ペンギンモバイルの信頼性が高まり、代理店活動にも有利

ネットワークビジネス(MLM)は、ねずみ講とか怪しいとか思われがちですが、特定商取引法で定められた『連鎖販売取引』にあたり、総務省も認めている合法的な販売手法です。

総務省に届出することで、今後の代理店活動において信頼性が高まり、代理店活動にも有利となります。

今後は、名刺等に届出番号を記載いただくことで、「総務省に届出を提出した販売代理店」のPRにもなります。

ペンギンモバイルの使命

ペンギンモバイルは、既存の通信事業者から高品質で安定したネットワーク(DOCOMO回線)を借り受け、利用者のニーズに適格に応えるサービスを提供を心がげています。

ペンギンモバイルの使命は、ケータイ料金が安くなる事で救われる、本当に困っている方々に、安心と笑顔を届ける事です。

一緒に安心と笑顔を届ける代理店活動いたしませんか?

人に喜ばれる仕事なんてなかなかないですよ。

関連記事

最後に

ペンギンモバイルの格安SIMを利用することで、毎月のスマホ料金がかなり節約できます!

ガラケーからスマホに変わったように、この数年でキャリアのスマホは格安SIMに乗り換える時代になっていくでしょう。

解約金を支払って今すぐ乗り換えても、半年・年単位で考えればお得ですよ。

現在の携帯会社のプランとご自身のスマホのご利用内容を検討し、本当に自分にあった携帯会社を選択しましょう!

ペンギンモバイルをご利用されたい方は当ブログにお問い合わせください。


  また、LINE@に登録して頂けると本物のすごい情報を無料でご提供します。

毎月のスマホ代が1/3になるお話です。

もっというと、無料にも出来てしまいます。

さらにもっというと、権利収入を得ることも可能です。

お金を支払う側から、収入を得る側になれるのです。

しかも、あなたのやることは、誰にでもできる、とても簡単なことです。


  スマホを格安SIMにして、節約もでき、払う側からもらう側になりませんか?

決して怪しい情報ではありません。

総務省から代理店番号を頂ける、まっとうな情報です。

まずはLINE@に登録して説明動画をご覧になってみて下さい!

興味がある方、詳細を聞きたい方などLINE@に

今すぐ登録!!

友だち追加

メールでのお問い合わせはこちら