ペンギンモバイルの【ユーザー数】はどこまでのびるのか調査してみた!

ペンギンモバイルの【ユーザー数】はどこまでのびるのか調査してみた!

調査:「格安SIMの利用率」はついに18%超、30代以上はほぼ20%に。ドコモのモバ研が発表

NTTドコモ モバイル社会研究所の調査報告書によると、スマホユーザーにおける、いわゆる格安スマホや格安SIM(シム)と呼ばれる、MVNO(※1)利用率が、2019年調査では約18%まで拡大していることが、明らかになりました。

調査を開始した2015年以降、右肩上がりで推移しているが、2018年比では特に大きく伸ばしました。

広告や販促効果で、知名度が上がったと分析しているようです。

特に30代以降の全ての年代で、2割超がMVNOを利用。

子育て世代も含まれており、同研究所では「節約意識が強く働いているのでは」と話しています。

MVNOとは
※1 MVNOとは:自社で通信設備を持たず、MNO(大手キャリア)から回線を借り受け事業を展開する仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)のこと。LINEモバイル、楽天モバイル、IIJmio、マイネオなどが有名。
※2 MNOとは:自社で通信設備を所有する移動体通信事業者(Mobile Network Operator)のこと。日本では2019年9月現在、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社を示す。

一般向けモバイル動向調査:2015〜2019年の間、毎月1月に、全国の15~79 歳男女を対象に実施。

サンプル数は毎年、2706〜6926人を回収。

MVNOユーザー数利用率が14%超から2019年は18%超え

MVNO利用率が14%超から2019年は18%超え

出典・NTTドコモモバイル社会研究所

この数年でMVNOの利用率は徐々に拡大している。

まず、各年のスマホユーザーにおけるMVNO利用率は2019年で18.1%で、2018年の14.5%から3ポイント以上、伸ばしている。

その理由として同研究所の担当者は「MVNO各社が、広告や販売に力を入れていることもあって認知度があがったのでは」と分析したようです。

出典・NTTドコモモバイル社会研究所

出典・NTTドコモモバイル社会研究所

30代以上はのきなみ20%を超える。

一方で、年代別のMVNO利用率では、10代は8.4%、20代は11.9%だが、30代以降は軒並み20%を超える結果となった。

担当者は「確証は持てないのですが、生活意識の高い30代以降では、電話代の節約のためにMVNOを選ぶのかもしれません」と話した。

ペンギンモバイルユーザー数はさらに拡大する?

9月20日には総務省が有識者会議で、SIMロックの即時解除義務化の方針を打ち出した。

こういった事情もMVNOの利用を促進する可能性はある。

MNOだろうがMVNOだろうが、スマホ利用者にとって、料金体系などサービスがより多様になり、選択肢が増えることが肝心なのは言うまでもない。

電気通信事業法改正でペンギンモバイルユーザー数増加に追い風!!

格安SIM「ペンギンモバイル」を商材にネットワークビジネス(NB)を展開する、一般社団法人日本自由化事業協会(事務局愛知県、森勇樹代表理事)の2018年5月期における売上高は2億円だった。会員数、売上高ともに前の期と比べ2倍に増えている。

2019年5月期の売上高は前期比2倍の4億円、ユーザー数は1万人の獲得を目指す。

ペンギンモバイルのユーザー数はどうなる?電気通信事業法改正へ!

2018年、菅官房長官は「今より4割程度下げる余地がある」と発言しました。
そして携帯電話料金引き下げに向けた電気通信事業法改正案が閣議決定し、国会に提出されました。

今回の法案は、携帯会社が一定期間の通信契約を条件に端末代を割引く「セット販売」を禁じることが柱となります。
これからは、分離プランを軸に検討していくとのことです。

今回はそんな携帯の料金について、解説します。

分離プランとは?

今までは端末一体型という、通信料金を支払うことにより端末を割引するセット販売でした。

しかしこれからは、通信料金と端末を切り離す分離型が主流となります。

通信費を支払うことと端末の値引きはセットにできなくなり、通信費が安くても、端末が高額になってしまう可能性がでてきました。

簡単に言ってしまうと、

今まで:通信料金は高いが、端末代金は安い。
これから:通信料金は安いが、端末代金は高い。
ということになります。

どれぐらい高額になるか

最新のiPhoneXRが約10万円、ハイエンドモデルのiPhoneXSになると12万円以上!これを一括で支払うか、分割で支払うことになります。

仮に10万円の端末が24ヶ月分割だと、毎月4,000円の負担です。

今までより気軽に機種変更などができなくなりそうですね。

どんなひとに向いているのか?

今まで:2年ごとに買い替えているひとが割引きの恩恵を受けていたが、反面同じ端末を使っているひとは通信料金が高いまま。

これから:買い替えが頻繁だと端末代金が高いから、通信料金とは別に割引なしの端末代金で高額となるひとがいますが、同じ端末をずっと使用し続けるひとは通信費が安い恩恵を受けることができます。

今回の電気通信事業法改正でなくなる可能性があるもの

  • 端末の月々の値引きが廃止ドコモの「月々サポート」、auの「毎月割」、SoftBankの「月月割」がなくなり、毎月の分割料金に対する割引がなくなる可能性があります。
  • 48ヶ月分割が廃止
    auとSoftBankが実施している、3年目以降に端末を下取りすることにより、残債が免除となる、実質半額をうたっているプランも廃止となります。
  • docomo with
    こちらも一体型の扱いとなり、廃止になる可能性があります。
    ※2019年3月20日時点で、docomo withの終了がドコモより発表となりました。

分割にしても一括にしても、今まで端末に対して割引きがされていたプランがなくなってしまうので、「一括0円」や「実質0円」などの表記が携帯コーナーから消えていくのかもしれません。

格安SIM業界には追い風!ペンギンモバイルのユーザー数増加にも期待大!!

格安SIM業界には追い風!ペンギンモバイルの売上にも期待大!!

先程もご紹介しましたが、最近話題になっているスマホの通信料金問題。
日本は世界の主要都市の中で最も通信料金が高いという調査結果が発表されました。

日本では長い間、au、softbank、docomoの3社の独占市場でした。
そのせいか、通信料金が高いけど他にどうすることも出来ないので大手キャリア3社と契約している状態でした。

しかし、2015年の国会で安倍首相が日本の通信料金は高すぎる!との発言があり、近頃では多くの国会議員も通信料金が高すぎることについてメディアで発言するようになりました。

現在では、大手キャリア3社の独占を禁止するために、SIMロック解除できるように命令を出し、乗り換えがやりやすくなってきました。

ですが、まだまだ格安SIMの使用者は全体の3%ほどしかいません。

これは「2020年のオリンピックに向けての電波問題」を解決すべく動き出している国策が関係しているんです。

ですからこれから格安SIM事業はますます追い風にのっていける訳です。

今後のペンギンモバイルの売上にもおおきな期待ができます!

ペンギンモバイル格安SIM毎月のスマホ料金

ドコモ・au・ソフトバンクの、大手3キャリアで使用した場合ですが、安いプランも最近は出てきていますね。

ですが、それでもやはり一人あたりの契約プランの平均相場は【一人、7,000円~10,000円前後】のご家庭が、ほとんどのようです。

理由として、やっぱり一ヶ月で使うパケットが5GBは、最低欲しい方が沢山いるからですね。
使用の多い方は、10GB~50GBも使われます。

では、最もニーズが多い層の5GBプランで比較してみます。

ペンギンモバイル格安SIMの場合

 

格安SIMペンギンモバイルのお得な料金プラン

●今回の格安スマホの契約としては6GB・・・3230円(税抜)になります。
※15分かけ放題込みの料金

7000-3230=3770円
(月額の差額)

毎月、3770円も安くなりますね。
年間、45240円の節約ができます。

計算では最低でも、1台あたり年間45,240円の節約になりますが実は、多くのご家庭では、それ以上に安くなる。

そんなケースが8割以上です。

何故かと言うと、本体代金まで考えると、実際は大手キャリアを使用しているユーザーは、月額10,000円前後という方がほとんどだからです。

ですから、10,000円から考えると、月額6,770円の節約となり、年間にすると81,240円もの節約が見込めます。

しかも

大手3キャリアは2年縛りの契約ですから2年だと、一人あたり16万2480円も、無駄な出費があることが分かります。

さらに、世帯で計算してみると・・・

もし、家族で乗り換えをした場合
(夫・妻・子の3人家族)

2年間で試算すると

16万2480円×3台=487,440円/2年

なんと!
スマホ料金を、大手3キャリアで家族3人で、2年間使い続けた場合、実質、48万7440円も、損をしている計算になります!

「めんどくさいから、また今度でいい」と見直しを後回しにしている、旦那さん・サラリーマンの方。

本当に沢山いるのですが、あなたにも心当たり、ありませんか?
料金見直しの面倒さを、代行して解決してあげたら、喜ばれると思いませんか?

今回のビジネスは、積み重なっていくほど、実働時間に関係なくどこまでも、収益は伸びていきます。

私がおすすめする「ペンギンモバイル格安SIM代理店ビジネス」

これは物販などのように何かを新しく売りつけるものではありません。
もともと毎月かかっている支出を見直して、安くなるお手伝いをするだけです。

ある意味、コスト削減ビジネスとも言えるでしょうね。
不動産屋で例えるなら、ノウハウがあるから毎月の家賃を安くしてあげるよと、声がけするようなもの。
喜ばれるに決まっています。

それを、不動産屋のように特別な知識も必要なく、気軽に始められるのがペンギンモバイル格安SIM代理店ビジネスです。

ビジネスに参入するための初期資金は、たった数万円のみ。
それだけの金額でビジネスをスタートできます。

店舗も構える必要もなく、人を雇う必要もなく。
物販のように、大量に在庫を仕入れ抱える必要もなければ、アフィリエイトのように、記事を量産する必要もない。

見込み客はあなたの周りの人全てです。

「携帯代を安くする仕事を始めたんだ」と声をかけていくだけです。

その中で、興味がある人は話をしっかりと聞いてくれますし、実際に使用してみて良いと感じた方は、代理店仲間になってくれることも、普通に生じます。

あなたをリーダーとして、代理店チームを組んでいけるので、あなたが稼動しなくても新規のお客様をチームが契約してくることで、権利収入型の収入の柱を太くすることも可能なんです。

今回のペンギンモバイル格安SIMの代理店というのは、個人でもでき、敷居が低いビジネスとして、全力で一度事業を聞いてみることをおすすめ致します。

興味のある方は、こちらの最下位部のLINE@に登録後、メッセージより問い合わせ下さい。
個別でより具体的な説明を致します。

関連記事

最後に

ペンギンモバイルの格安SIMを利用することで、毎月のスマホ料金がかなり節約できます!

ガラケーからスマホに変わったように、この数年でキャリアのスマホは格安SIMに乗り換える時代になっていくでしょう。

解約金を支払って今すぐ乗り換えても、半年・年単位で考えればお得ですよ。

現在の携帯会社のプランとご自身のスマホのご利用内容を検討し、本当に自分にあった携帯会社を選択しましょう!

ペンギンモバイルをご利用されたい方は当ブログにお問い合わせください。


  また、LINE@に登録して頂けると本物のすごい情報を無料でご提供します。

毎月のスマホ代が1/3になるお話です。

もっというと、無料にも出来てしまいます。

さらにもっというと、権利収入を得ることも可能です。

お金を支払う側から、収入を得る側になれるのです。

しかも、あなたのやることは、誰にでもできる、とても簡単なことです。


  スマホを格安SIMにして、節約もでき、払う側からもらう側になりませんか?

決して怪しい情報ではありません。

総務省から代理店番号を頂ける、まっとうな情報です。

まずはLINE@に登録して説明動画をご覧になってみて下さい!

興味がある方、詳細を聞きたい方などLINE@に

今すぐ登録!!

友だち追加

メールでのお問い合わせはこちら