権利収入が得られるネッワークビジネスは友達なくす!本当なの?

権利収入が得られるネッワークビジネスは友達なくす?本当なの?

権利収入が得られるネットワークビジネスの勧誘で友達なくす!って聞いたことありませんか?

権利収入が得られるネットワークビジネスのデメリットでよく聞くのが、「友達をなくす」です。

権利収入が得られるネットワークビジネスをやっている方であれば1度は聞いたことがあると思います。

本当に権利収入が得られるネットワークビジネスをやることによって友達を無くしてしまうのでしょうか?

私が数年の権利収入が得られるネットワークビジネスの活動をやってきた経験の中で、「友達をなくす!」は本当なのか?をお話したいと思います。

権利収入が得られるネットワークビジネスで友達なくす原因 ~リストアップ

権利収入が得られるネットワークビジネスで友達なくす原因 ~リストアップ

権利収入が得られるネットワークビジネスを始めて、まずやる事というと、誰を勧誘するかを考える「リストアップ」と言う作業です。

リストアップはだいたい100人を紙に書き出します。

100人もリストアップできるのかなと感じる方もいるかと思いますが、思いつく人、誰でもいいので、まずは100人書き出してとアップの方から言われる事があるようです。

家族、友人、知人、親戚・・・今は何の付き合いもしてない同級生だったり・・・
ありとあらゆる人脈を書き出します。

そして、自分の人脈を総当たりしてでも何とか100人リストアップできたとしましょう。

この100人のリストを元にして勧誘していきます。

はたして、ここに書いたリストの中で、どの程度の人が、あなたのビジネスに興味がある方でしょうか?

むやみやたらに声かけても、相手に嫌がられ友達をなくす原因になるだけでしょう。

権利収入が得られるネットワークビジネスで友達なくす原因 ~アポイント

リストアップが終わったら、そのリストの方達にアポイントとりをします。

その方達に権利収入が得られるネットワークビジネスを伝えたり、興味づけをする為の会う約束をするのです。

アポイントとりの段階で、勧誘の件をお話しすると断られちゃうんじゃないかと心配してしっかりと話さずに、

「久しぶりだから会いたいね!」

「いい店見つけたから一緒にいこうよ!」

などなど、権利収入が得られるネットワークビジネスの事をしっかりと説明せずに会う約束をしてしまいがちです。

それで、会って権利収入が得られるネットワークビジネスの話をしてしまうと、友達からしてみれば、単純にあなたに会えるのを楽しみにしていたのに・・何なの?と、あなたに不信感を持たれる事も大いに考えられます。

 

権利収入が得られるネットワークビジネスは連鎖販売取引になりますが、アポイントを約束する時にはちゃんと要件を説明すると言うのが義務付けられていますので気を付けなければいけません。

ここで、友達をなくすんじゃないかと言う、不安が生じます。

私の経験で言えば、最初の頃は経験もなかったせいか、友達に権利収入が得られるネットワークビジネスを伝えることによって疎遠になったことがすくなくありませんでした。

でも、今では権利収入が得られるネットワークビジネスを伝えることによって、疎遠になった友達は、ほとんどといっていい程いません。

これはいったいどういう事でしょうか?

権利収入が得られるネットワークビジネス勧誘で友達をなくさない場合もある

私の場合、近頃では友達をなくすどころか、逆に喜ばれ、感謝される事も多くなってきました。

では、権利収入が得られるネットワークビジネスを友達に説明して「嫌われる場合と逆に感謝される場合がある」この違いはどこにあると思いますか?

簡単に言うと、相手のニーズを理解しているかどうかでしょう。

相手が必要としている情報を、必要な時に伝えられれば、感謝される事が多いです。

逆に相手が興味がない事を、一方的に説明するやり方は、はっきり言えば相手はだれでもいいのです。

自分の都合だけで説明するのは相手を利用しています。

そんな考えの場合、相手もそれに気がつき警戒して離れていってしまうのです。

権利収入が得られるネットワークビジネスで「友達をなくす」の最大の原因は伝え方!

権利収入が得られるネットワークビジネスで「友達をなくす」の最大の原因は伝え方!

権利収入が得られるネットワークビジネスの勧誘で友達をなくす原因は説明の仕方にあったのです。

相手のニーズを無視して、こちら側の都合だけで権利収入が得られるネットワークビジネスの製品やチャンスを伝える。

こんな考えでは、相手から嫌われて当然です。

逆の立場になって考えてみればわかりますよね。

一般の人に、権利収入が得られるネットワークビジネスをやっている人の何が嫌いか?と確認してみると「強引だ」とか「宗教っぽい」と答える人が多いです。

強引で、押し売りのような方法では友達をなくしてしまいます。

もしかすると、権利収入が得られるネットワークビジネスの商品には少しは興味を持ったとしても、でも「あなたが嫌い」「あなたからは買わない」となってしまうのです。

そして、宗教っぽいものも嫌われます。

権利収入が得られるネットワークビジネスに夢中なので、気持ちはわかりますが、

「これがないと生きていけない」「他社品はダメだ」など1つの物にとらわれている状態は、周りから見ると違和感を感じて遠ざけられます。

権利収入が得られるネットワークビジネスの勧誘で友達をなくさない、伝え方とは?

では、友達をなくさない伝え方とは、どんな方法なのでしょう?

伝える相手のニーズを知る

まず、相手のニーズをきちんと調査し理解します。

こちらが提供する商品で相手の問題を解決できるかどうか確認した上で伝えます。

例えば、自分が扱う商品が電力だとしたとき、さらに電気料金が安くなることを相手が望んでいるのか?

望んでいたとしたら、電力に対してのニーズがある方になります。

権利収入が得られるネットワークビジネスチャンスの面では、

  • 相手がもうすこし収入がほしい。
  • 今の仕事にやりがいを感じない。
  • 家族と過ごす時間がほしい。

など、これらの悩みは収入、自由な時間に対しての需要がある人になります。

伝えたい理由を相手に伝える

そして、1番重要なのは、なぜ権利収入が得られるネットワークビジネスをあなたに伝えたいのか?理由を伝える事です。

あなたの思いを相手に伝えてください!

相手と一緒に権利収入が得られるネットワークビジネスをやりたいと思う理由を伝えない人が結構多いのです。

なぜ相手に権利収入が得られるネットワークビジネスチャンスを伝えたいのか?

「リストアップしたら名前が出てきて、順番に伝えたら次はあなただったから」

そのような理由では当然嫌われますし友達をなくします。

信用・信頼を失う行動をとらない

権利収入が得られるネットワークビジネスを活動している人は、毎日、目標に向かって一生懸命です。

そこでよくあるのが、月末近くになっても現状が目標達成にほど遠い状況での焦りから「とにかく何でも良いから流通を増やして売り上げを上げたい」「誰でも良いからサインアップが欲しい」と考えがちで、何が何でもこの人にサインアップさせようと、強引になる場合もあり、伝える相手にもプレッシャーを与えてしまいます。

こういう行為を継続していると、相手からの信用信頼も築けませんので、注意しましょう。

 まとめ

権利収入が得られるネットワークビジネス勧誘で友達をなくすといいますが、必ずしもそうではなく、逆に感謝される場合もあるのです。

また、どのような商品を扱う権利収入が得られるネットワークビジネスなのかを選択するかも非常に需要です。

その商品が人に喜ばれ、リピート率が高い、今の時代の商流にのった商品であれば、まず友達をなくすことはありません。

でもそんな商品あれば苦労しませんよね。

ところがあるんです!!

私も実際活動していますが、人に感謝され喜ばれています。

しかもリピート率もかなり高いです。

ここまで読んでくださったあなたには、これからそのビジネスのご紹介をしたいと思います。

携帯料金を「払わず」「もらっている」人がいるのをご存知ですか?

当たり前ですが、99.9%は払う側です。

もらう側0.1%に、普通の人が入る余地なんてあるはずない…

そんな常識を覆す国策である企画…

あなたも、携帯料金を毎月「もらう」権利、一生涯、むしろ子供の代まで続く権利収入を獲得しませんか?

期間限定、今気づいてしっかりと一歩を踏み出した人だけが得をします。

今現在お金持ちではない方やごく普通の一般の方でも、彼らと同じように携帯代を「払う」のではなく一生涯「もらう」方法をお伝えします。

実は、1000万円の携帯料金を誰もが支払っている

携帯電話の代理店の権利は上記でも述べたように、ひと昔販売した当時は3,000万円。

さらにごく限定された人しか情報は入手できませんでした。

しかし実は、携帯料金を計算してみると…

大手キャリアの携帯電話を使用している人の毎月の携帯料金は平均で1万円/月と言われています。

1万円×12ヶ月=12万円 / 年

家族4人で30年間でかかる携帯料金は12万円×4人×30年=1,440万円

つまり、携帯電話を30年間利用した場合、なんと1,000万円以上を携帯電話会社に支払い続けることになります。

ビックチャンス到来!!

ビックチャンス到来!!

は今、100 年に一度とも言われるチャンスが到来!

今これを読んでいるあなたの目の前にあるのです…!!!

携帯電話の代理店権利という夢のような話を、少しご紹介すると、「2020年のオリンピックに向けての電波問題」を解決すべく動き出している国策が関係しています。

今、格安SIMというのを各社が販売しているのはご存知ですか?

docomo、au、Softbankといったいわゆる大手キャリア契約ではなく、MVNOといってこのキャリアの通信網をレンタルして通信をする事業者があり、通称格安SIMの会社が20社ほどあります。

その格安SIM会社の中で

  • 通信速度も速い
  • データ通信量も安い(格安SIMの他社と比較しても安いです)
  • かけ放題もある

それだけではなく、創業代理店権利という夢のような企画についてお伝えできる格安SIM会社あるのです。

お金持ちの人、特別な人でないとダメということではありません。

友達などなくす事なくリスクなく権利収入を得られます!!

格安SIMがどんどん世の中に浸透してきています。

ドコモ・au・ソフトバンクの3代キャリアの毎月の支払いが高すぎる。

皆さん、そう思いませんか?

格安SIMの中でも頭ひとつ抜きに出ているのは、ペンギンモバイルです。

通信容量が多いうえに、価格が安い。

しかも、2年目以降も同じ料金。

他の格安SIM会社は、ほとんど2年目以降、通信容量が下げられ、毎月の支払いが上がる。

これは、意外に知られていない現実です。

なぜなら、小さい字で書かれているんですね。

まあ、それはいいとして、ペンギンモバイルの一番の特徴は、代理店ビジネスができること。

正真正銘の電話会社の代理店ビジネスですよ。

しかも、毎月の支払い金額が、安くなって代理店もできるとしたら、どうでしょうか?

ようするに、こうなります。

毎月の電話料金+代理店費用<キャリアの場合の毎月の支払い(電話料金)

格安SIMで電話料金が下がるので、代理店費用をプラスしても安いのです。

そして、お客様に携帯料金が安くなる提案をして、格安SIM乗り換えて頂くことで権利収入を獲得できるので、お客様も代理店もうれしい、WIN-WINの関係になれる仕組みなのです。

これは素晴らしい仕組みです。

お互いが納得できる仕組みなので、ビジネスも加速するのが想像つきますよね!

ということは、ペンギンモバイルの代理店ビジネスにリスクがあるでしょうか。

私は無いと判断したので、速攻で始めました。

ペンギンモバイルを知れば知るほど、やらない理由が無いことが理解できます。

”総務省”から、”届出媒介受託者番号”が付与

2019年10月からペンギンモバイル代理店には、”総務省”から、”届出媒介受託者番号”が付与されます!

届け出提出後、約一ヶ月程で総務省より、届出媒介受託者番号が送付されてきました。

個人情報は消しておりますが、下記が私の総務省より頂いた届け出番号となります。

届出媒介受託者番号

届出媒介受託者番号

ペンギンモバイルの信頼性が高まり、代理店活動にも有利

ネットワークビジネス(MLM)は、ねずみ講とか怪しいとか思われがちですが、特定商取引法で定められた『連鎖販売取引』にあたり、総務省も認めている合法的な販売手法です。

総務省に届出することで、今後の代理店活動において信頼性が高まり、代理店活動にも有利となります。

今後は、名刺等に届出番号を記載いただくことで、「総務省に届出を提出した販売代理店」のPRにもなります。

ペンギンモバイルの使命

ペンギンモバイルは、既存の通信事業者から高品質で安定したネットワーク(DOCOMO回線)を借り受け、利用者のニーズに適格に応えるサービスを提供を心がげています。

ペンギンモバイルの使命は、ケータイ料金が安くなる事で救われる、本当に困っている方々に、安心と笑顔を届ける事です。

一緒に安心と笑顔を届ける代理店活動いたしませんか?

人に喜ばれる仕事なんてなかなかないですよ。

関連記事

最後に

ペンギンモバイルの格安SIMを利用することで、毎月のスマホ料金がかなり節約できます!

ガラケーからスマホに変わったように、この数年でキャリアのスマホは格安SIMに乗り換える時代になっていくでしょう。

解約金を支払って今すぐ乗り換えても、半年・年単位で考えればお得ですよ。

現在の携帯会社のプランとご自身のスマホのご利用内容を検討し、本当に自分にあった携帯会社を選択しましょう!

ペンギンモバイルをご利用されたい方は当ブログにお問い合わせください。


  また、LINE@に登録して頂けると本物のすごい情報を無料でご提供します。

毎月のスマホ代が1/3になるお話です。

もっというと、無料にも出来てしまいます。

さらにもっというと、権利収入を得ることも可能です。

お金を支払う側から、収入を得る側になれるのです。

しかも、あなたのやることは、誰にでもできる、とても簡単なことです。


  スマホを格安SIMにして、節約もでき、払う側からもらう側になりませんか?

決して怪しい情報ではありません。

総務省から代理店番号を頂ける、まっとうな情報です。

まずはLINE@に登録して説明動画をご覧になってみて下さい!

興味がある方、詳細を聞きたい方などLINE@に

今すぐ登録!!

友だち追加

メールでのお問い合わせはこちら