ペンギンモバイル【データSIM】SMS機能は付ける?付けない?

ペンギンモバイル【データSIM】SMS機能は付ける?付けない?

データSIMを使用する場合は要注意です!

格安スマホ・格安SIMで「データSIM」を選択すると、「SMS」機能が有料オプションになっていたり、利用できなかったりすることがあります。

SMSの基礎知識からデータSIMにSMS機能を付けることのメリットを解説していくので、しっかりと覚えておきましょう。

SMS機能とはどんなもの?

SMSとは「ショートメッセージサービス」の略で、その名の通り短い文章を送受信できる機能のことです。

スマホやガラケー同士で、相互に利用することができます。

メッセージを送るだけなら、メールやLINEでも十分だと思う方も多いかと思いますが、なにか違いはあるのか?

メールは、「メールアドレス」を知っている相手に「メールアプリ」を使って送信しますよね。

 

LINEは、「友だち」になった相手とLINEのアプリを使ってメッセージのやり取りをします。

SMSは、「電話番号」を知っている相手に「SMSアプリ」を使ってメッセージを送るもの。電話番号さえ知っていればメッセージを送れる、複雑な設定やサービス登録がいらないのがいいところです。

電話番号しか知らない相手って結構いますよね。

そういう人と気軽にやり取りができるなら便利です。

ただし、ちょっと注意が必要な点もあります。

それは、送信に料金がかかることと文字数制限があるということです。

料金は全角70文字までの場合は1通3円、70文字以上の場合は文字数に応じて送信料がかかる仕組みです。

受信にはお金はかかりません。

どうしてもSMSが必要な場合ってあるのか?

1つは電話番号しか知らない相手にメッセージを送りたい場合ですね。

そしてもう1つSMSがどうしても必要な場合があります。

それは会員制サービスやアプリ利用時の本人確認です。

会員登録の際などに、本人確認用の認証コードがSMSで送られてきたことはないでしょうか。

本人確認にSMSを利用するサービスやアプリを使用するためにはSMSが必須になります。

まとめ
SMSとは電話番号を利用してメッセージを送受信するサービス
SMSの送信は有料で最大文字数も決められている
会員制のサービスやアプリ利用時の本人確認にSMSが必要になる場合がある

ペンギンモバイル格安SIMとSMSの関係

ペンギンモバイル格安SIMとSMSの関係

格安SIMの契約を申込むときには、携帯電話回線を使った通話ができる「音声通話SIM」と、モバイルデータ通信(インターネット接続)のみができる「データSIM」のどちらかを選択することになります。

このとき、音声通話SIMを選択した場合には、SMSも利用することができます。

一方、データSIMを選択した場合、必ずSMSが使えるとは限りません。

そして、その対応はMVNOよってさまざま。

ほとんどの場合、通常のデータSIMのプランではSMSを利用できず、追加料金がかかる「SMS機能付きSIM(SMS機能オプション)」プランの契約をすることでSMSが利用できるようになっています。

ただし、データSIMではSMSを使えないMVNOも存在します。

 

いったん、通常の「SMSが利用できないデータSIM」で契約してしまうと、あとでSMSを使いたくなったときに、SIMカードの再発行が必要になることがあります。

SIMカードの再発行には手数料がかかることが多いので注意しましょう。

ペンギンモバイルのSIMカードのプランとSMSの関係

格安SIMペンギンモバイルのお得な料金プラン

ペンギンモバイル格安SIMの3つのタイプ

ペンギンモバイル格安SIMの3つのタイプ

 

ペンギンモバイル格安SIMの3つのタイプ

  1. データ専用 → 電話番号が設定されていないSIM(音声通話:×、SMS: ×)
  2. データ+SMS → 電話番号があるSIM(音声通話:×、SMS:○)
  3. データ専用+SMS+音声通話 → 電話番号があるSIM(音声通話:○、SMS:○)

なんだかややこしく思えてしまう方もおられるかもしれませんが、実はとても簡単です。

音声通話が必要な方は、「データ専用+SMS+音声通話」。

音声通話は必要ないが、SMSが必要な方(LINEを利用したい方)は、「データ+SMS」。

LINEなどは必要なく、ただネットや認証不要のアプリのみ利用したい方は、「データ専用」。
この3パターンのどれに当てはまるか検討してみて下さい。

LINEなどはSMSによって認証しなければ利用できません。
また「データ+SMS」でもLINEなどの無料通話は利用できます。

データSIMにSMS機能を付けるべき?メリットは?

データSIMにSMS機能を付けるべき?メリットは?

最後にデータSIMにSMS機能を付けるべきかどうかを考えてみましょう。

実はSMS機能を付けることのメリットはとても大きく、代表的なものに「会員制サービス・アプリの本人確認に使える」「LINEやメールアドレスを知らない人への連絡手段として使える」「設定や送受信が簡単」といったものあります。

追加料金がかかる場合はあるものの、積極的にSMS機能の追加を検討するといいでしょう。

メリット1 会員制サービス・アプリの本人確認に使える

会員制のサービスやアプリの中には本人確認にSMSを使用しているものがあります。

具体的には、アカウント作成やログイン時に認証コードがSMSで送られてきて、その認証コードをサービス利用画面やアプリの画面で入力し、本人確認を実施するという仕組みです。

ほとんどの場合、SMS以外の本人確認の手段も用意されていますが、SMSでしか本人確認ができないものも。

この場合、SMSが利用できないデータSIMを使用していると、サービスやアプリ自体を使えないという事態に陥ります。

便利なサービスやアプリを幅広く使いたいなら、SMS機能を付けることをおすすめします。

メリット2 LINEやメールアドレスを知らない人への連絡手段として使える

「電話がかかってきたことがあるので電話番号は知っている」「名刺に電話番号しか書いていなかった」「メールを送ったが迷惑メールにされているかもしれない」「相手のLINE IDを知らない」など、知っている連絡先が電話番号だけ、ということは結構ありますよね。

SMSなら電話番号しか知らない相手にでもメッセージを送ることができます。

また、相手に電話番号しか伝えていなくても、メッセージを送ってもらうことができるということでもあります。

メリット3 設定や送受信が簡単

格安スマホ・格安SIMのサービスを提供するMVNOは、大手携帯電話会社と違って独自のメールアドレスを発行しないのが一般的です。

そのため、連絡手段としてメールアドレスを使いたい場合、自分でメールアドレスを用意しなければなりません。

gmailなどを利用する方が多いようです。

LINEやSkypeといったコミュニケーションアプリを使用する際も、アカウントの取得や宛先の登録などが必要になります。

その点、SMSなら特別な設定や事前のアカウント登録は不要。

相手の電話番号さえわかればすぐにメッセージのやり取りができるようになります。

また、ガラケー相手にチャット形式でメッセージが送れるというメリットも。

手軽にメッセージを送りたいときにメリットの大きな機能といえます。

最後に

ペンギンモバイルの格安SIMを利用することで、毎月のスマホ料金がかなり節約できます!

ガラケーからスマホに変わったように、この数年でキャリアのスマホは格安SIMに乗り換える時代になっていくでしょう。

解約金を支払って今すぐ乗り換えても、半年・年単位で考えればお得ですよ。

現在の携帯会社のプランとご自身のスマホのご利用内容を検討し、本当に自分にあった携帯会社を選択しましょう!

ペンギンモバイルをご利用されたい方は当ブログにお問い合わせください。


  また、LINE@に登録して頂けると本物のすごい情報を無料でご提供します。

毎月のスマホ代が1/3になるお話です。

もっというと、無料にも出来てしまいます。

さらにもっというと、権利収入を得ることも可能です。

お金を支払う側から、収入を得る側になれるのです。

しかも、あなたのやることは、誰にでもできる、とても簡単なことです。


  スマホを格安SIMにして、節約もでき、払う側からもらう側になりませんか?

決して怪しい情報ではありません。

総務省から代理店番号を頂ける、まっとうな情報です。

まずはLINE@に登録して説明動画をご覧になってみて下さい!

興味がある方、詳細を聞きたい方などLINE@に

今すぐ登録!!

友だち追加

メールでのお問い合わせはこちら