ペンギンモバイルはクレジットカードなしでもデビットカードで可能!

ペンギンモバイル格安SIMはクレジットカードなくてもデビットカードで可能!

格安SIMは実店舗を構えずにネット完結での契約を主としている為、毎月の携帯料金支払いをクレジットカードに限定している会社が多いです。

携帯料金を確実に支払いしてもらうためにクレジットカードの審査に通った一定の支払い能力がある人に限定することで、身分証明や携帯料金滞納のリスク軽減をしています。

では、クレジットカードを持っていない人・使いたくない人は格安SIMを契約できないのか?と言うとそうではありません。

ペンギンモバイル格安SIMはデビットカードでの支払いで契約可能な格安SIMです。

ペンギンモバイルの格安SIMは以下の通りです。
「料金プラン」「特徴ポイント」も各項目で詳しく解説していきますので、ぜひ一度確認してみてください。

格安SIMペンギンモバイルのお得な料金プラン

ペンギンモバイル料金プラン

 

 

プラン内容変更のお知らせ

2020年6月よりペンギンモバイル50GB→60GBへ変更致します。
月額の変更はありません(4,860円)

現行の50GBの方は、自動的に60GBへ変更になります。

大容量ユーザもペンギンモバイルへ

2020年6月1日より24GBプランの受付を開始します。
12GBでは足りないけれど、60GBでは多すぎて使いきれない、という方のために。24GBプランの登場です(税抜3,860円)

こちらがペンギンモバイルの格安SIMの契約内容と料金プランになります!

格安SIMペンギンモバイルのお得な料金プラン

大手キャリアにと比較すると、料金プランはシンプルで格安の料金ですよね。
※初期費用はどの格安SIM会社も同等

もちろんWifiに接続すれば、データ通信量はかからないので、ご自宅にWifiがあれば3.6GBでも問題ないかと思います!

30分かけ放題はペンギンモバイルが業界初!

ペンギンモバイルでは30分かけ放題なのでより安心して電話をすることができます!

ペンギンモバイルでは30分かけ放題なのでより安心して電話をすることができます!

そもそもクレジットカードは知ってるけど【デビットカード】ってなに?

そもそもデビットカードってなに?

まずはデビットカードについてご紹介します。

私もそうでしたが、ペンギンモバイル格安SIMを契約する前はデビットカードを知らなく、どんなものかよくわからない方も多いのではないでしょうか?

デビットカードとはクレジットカードのようにネットショッピングや店頭で使える前払い式のカードのことです。

クレジットカードとは違い基本的には入会審査不要で、15歳以上(中学生を除く)であれば誰でも簡単に申し込めます。

クレジットカードでは引き落とし日まではクレジットカード会社にお金を借りている形になりますが、デビットカードは使った分だけ口座預金から都度引き落とされる仕組みです。

口座に入っている分の金額以内でしか使えないので、カードで買い物しすぎて借金を抱えてしまう心配もありません。

代表的な金融機関で言えば、ジャパンネット銀行や三井住友銀行、三菱UFJ銀行などがデビットカードを提供しています。

格安SIMの料金をデビットカードで支払うメリット・デメリット

格安SIMの料金をデビットカードで支払うメリットやデメリットをご紹介します。

メリット1:審査不要で15歳以上なら誰でも申し込める

デビットカードの説明でも述べたように、中学生を除く15歳以上なら審査が不要で誰でも簡単に申し込むことができます。

携帯料金を利用者本人が支払うようにしておきたいという方も多いことと思います。

未成年者が親権者同意の元で契約するにはちょうどいいカードではないでしょうか。

また、「格安SIMを契約したいけど、それのためだけにわざわざクレジットカードを申し込むのは審査が面倒くさい…」と思った人は、まずはデビットカードがおすすめです。

メリット2:毎月の使用料金がメールで届く

デビットカードを利用すると、口座から引き落とされたときに指定したメールアドレス宛てにメールが届きます。

そのため、毎月の支払額が把握しやすくなり解約し忘れも防止できます。

クレジットカードでも利用明細が届きますが、1ヶ月ほどのタイムラグがあります。

デビットカードは多くの場合その日のうちにメールが届くので使いすぎを防止できますし、毎月いくら支払っているか目安にもなります。

デメリット1:デビットカードのみ拒否している格安SIMが結構多い

最初のメリットと矛盾するような話ですが、2015年冬頃からデビットカードで、格安SIMの新規申込をお断りされることが多くなったようです。

ほとんどの会社が支払い方法をクレジットカードに限定するのは「毎月の料金を確実に回収するため」と言われています。

格安SIMでは基本的にネット上で契約が完了し、返済能力がある人かどうかを判断するのは困難なためです。

クレジットカードを持っている人はカード会社の審査を通過した人なので、身分や支払能力を証明できますよね。

デビッドカードでは料金請求が踏み倒される場合が多く存在するため、クレジットカード会社に料金請求を代行できる方が確実です。

デメリット2:口座残高の範囲でしか使えない

銀行口座と紐付けされるデビットカードでは、当然口座残高より高い金額の買い物の購入はできません。

口座振替と同じく残高が足りなくなると料金未払い状態になり、数日間のうちに口座残高へ入金しないとデビットカードは使用停止されてしまいます。

ですがその日のうちに入金することですぐに再開されるようです。

もしもの時を考えてデビットカードの銀行口座には多めに金額を入れておくことをおすすめします。

まとめ:デビットカードが使える格安SIM(スマホ)は希少な存在

デビットカードのみで契約できるプランが徐々に少なくなってきている印象で不便さを感じている方もおおいのではないでしょうか?

ペンギンモバイル格安SIMはデビットカードが使えるので大変便利ですね。

最近は徐々に電子マネー決済が普及しはじめていますが、まだまだデビットカードで申し込める格安SIMは希少です。

デビットカードは口座残高さえ注意しておけばクレジットカード代わりに様々なシーンで使えて便利なカードです。

最後に

ペンギンモバイルの格安SIMを利用することで、毎月のスマホ料金がかなり節約できます!

ガラケーからスマホに変わったように、この数年でキャリアのスマホは格安SIMに乗り換える時代になっていくでしょう。

解約金を支払って今すぐ乗り換えても、半年・年単位で考えればお得ですよ。

現在の携帯会社のプランとご自身のスマホのご利用内容を検討し、本当に自分にあった携帯会社を選択しましょう!

ペンギンモバイルをご利用されたい方は当ブログにお問い合わせください。


  また、LINE@に登録して頂けると本物のすごい情報を無料でご提供します。

毎月のスマホ代が1/3になるお話です。

もっというと、無料にも出来てしまいます。

さらにもっというと、権利収入を得ることも可能です。

お金を支払う側から、収入を得る側になれるのです。

しかも、あなたのやることは、誰にでもできる、とても簡単なことです。


  スマホを格安SIMにして、節約もでき、払う側からもらう側になりませんか?

決して怪しい情報ではありません。

総務省から代理店番号を頂ける、まっとうな情報です。

まずはLINE@に登録して説明動画をご覧になってみて下さい!

興味がある方、詳細を聞きたい方などLINE@に

今すぐ登録!!

友だち追加

メールでのお問い合わせはこちら